仮想通貨はどのように利益を出すのか

投稿者: |

仮想通貨は名前の通り、前提としては通貨として利用するようなことを意識して作られています。 しかし、相場が立っている以上、その売買自体で利益を出すということはできます。例えば為替相場のようなものであり、為替では色々な国の通貨が両替されている市場なわけですがこの取引で利益を出すことが今では当たり前のように行われているわけです。 では、仮想通貨ではどのような儲け方ができるのか、ということですが、まず一般的なのは売買をして差益を手に入れるということができます。 いわゆるキャピタルゲインと呼ばれるものであり、これがまずは最も大きく利益を出すことができる可能性があります。仮想通貨で億り人と呼ばれる人たちがたくさん出たことでとても話題になったことがあるわけですがそういう人たちのほぼすべては、このキャピタルゲインによって利益を出したということになります。 しかし、これしか方法がないというわけではなく、やり方としては例えばマイニングと呼ばれるものもあります。これは特定のやり方によって仮想通貨を自分たちで掘り出す、作り出すということができるようになっているわけです。 正確には特定の計算式を手伝うということであって報酬として受け取れるというようなやり方になるわけですが、とにかくコンピューターを使ってその仮想通貨の手伝いをするということで仮想通貨そのものを手に入れるということができるようにもなっています。 加えて既に仮想通貨を持っているのであれば仮想通貨を貸すということによってまた利益を出すということも期待できるようになっています。株式投資における貸し株のようなものであり、こういう方法では基本的に仮想通貨は売買をして利益を出すということがメインになってしまうのですが、配当金のような感じで利益を出すことが貸すということによってできるようになります。 但し、当たり前ですが貸すことをしていますと何かあっても即座に売買できるわけではなくなりますから、それによって取引の機会を逸するということもありますから注意が必要です。 要するに仮想通貨の取引での利益の出し方とは売買する、掘り出す、貸す、という三種類があるということになります。 どの方法で利益を出すのか、というのはまさに自由です。自分の取引スタイルに合う方法を選ぶようにしましょう。リスク的にどれがよいのか、取引のしやすさからみるとどれか、といったようなことから考えるとよいです。