ビットコインを筆頭にした仮想通貨

投稿者: |

今更仮想通貨って何なのと聞くことが恥ずかしいなんて思っているかもしれませんが仮想通貨の技術的なことはともかくとしてどのような目的で最初に設計されたのか、ということくらいは知っておいた方が良いでしょう。
何かと不安定で盗難事件があったりとか暴落したり暴騰したりということで良くも悪くも話題になっていることは確かです。このまま世界的な通貨としてどんどん発展していくだろうというような見込みはすでに亡くなってきてしまっていると言っても過言ではないのですが、主要な仮想通貨は残って様々な決済手段の一つとして認められる可能性は高いという専門家が多いです。
名前の通り仮想通貨ですから実際の通貨ではなく、バーチャル空間に存在しているデータという名の通貨になります。
データではありますが通貨という名目をつけていることからもわかるように、決済手段として用いることを最終的な目的に設計されたのがビットコインになります。
もちろんビットコイン以外にも色々な仮想通貨ができていますし、驚くかもしれませんがすでに数千種類以上の仮想通貨というのが計画され、また実際に発行されています。
そんなこと聞いたことがないと思うでしょうが、有象無象の仮想通貨というのも実はかなり発行されていてこれらは草コインと呼ばれるものになります。
さて、そんな様々な仮想通貨の中で最も有力といえるのがビットコインでしょう。
前述のとおり最終的な目的として付けられているのは決済手段になります。
ビットコインを用いることによって、国際間の取引や資金の移動などに効率的な活動が行えるようになります。
現状既にそれは可能ではあるのですがそんなに広がっていないというのが実情ではあります。
実際問題として決済手段として使っているビットコインというのも多いですが、投機目的になっているというのは確実にいえることでしょう。
ですが国際間の取引などに特に言えるのですがビットコインなどに限ったことではなく仮想通貨全般はそういう取引というのが非常に早くできるようになります。
名前の通り、あくまでビットコインを筆頭にした仮想通貨というのはリアルのキャッシュに近い性質を最終的には持たせるようにしようということを目標にして発行されているわけです。
既に価値としては安定はしていないにせよ、十分にビットコインなどは高くなっていますが、問題はやはり価値の裏づけに国家がいないので受け入れる企業などが少ない、ということでしょう。